全附連PTA連合会

PTA連合会 活動基本方針

平成28年度

活動基本方針(案)

 

全国国立大学附属学校PTA連合会

全国国立大学附属学校PTA連合会は、全国56の国立大学法人に設置された幼稚園51園・小学校72校・中学校73校・高等学校17校・中等教育学校4校・特別支援学校42校、計259校園の置かれている現状と求められる使命を十分に理解した上で、PTA活動の実践と研鑽を進めると同時に、国立大学法人および附属学校園の活動をサポートすることで、附属学校に通う子どもたちが安心して学園生活を送ることができるような環境整備の充実に寄与することを目的とするものである。

 そのために、全国国立大学附属学校連盟と一体となり、日本教育大学協会などの関係諸団体とも連携することで、附属学校のもつ独自の役割や実情を広く地域社会に発信し。全国的な理解と支援が得られるよう積極的な活動を展開する。

1 共有、対話による浸透

附属学校の果たすべき使命である日本の公教育を支える国の拠点校、地域のモデル校としての役割について、PTAが参画し研究実践することで得た情報を会員相互で共有するとともに、連合会はその貢献度を各関係官庁・諸団体に広く訴えていく。また、各学校PTAが、それぞれの学校で直面する課題を解決するための一助として、設置者である国立大学法人との対話を提唱する。

 

2 附属学校PTA活動の活性化支援と各組織の相互連携

 子どもの成長過程に応じた教育の在り方、附属学校を取り巻く諸問題へのPTAの関わり方を研究し、その成果や課題を共有するための研修大会を開催し連合会、連盟と各学校PTAとの絆をより強く保つ。また、全国9地区主催の実践活動協議会など各地区会活動を有機的に支援し、連盟との協働による活動の活性化を図る。

 

3 広報活動の活性化と情報共有強化

 本会が全国組織であるという認識を各学校及び全会員に周知し、その特色を活かし活動強化につなげ本会の理念とその活動が関係諸機関に認知されるように広報活動の活性化を図る。さらには、ICTを利用した情報交換など、連合会が主体となってその運営強化を図る。 

 

4 「共に生きる」ことの推進 

 本会では、特別支援教育に対する理解と連携を進める諸活動の推進を掲げ、様々な取り組みを継続してきた。また、先の震災で学んだ人知を超越したものに対する畏敬と共同体の尊重の理念は「共に生きる」ことの意義を再認識させた。連合会は、これからも校種を超えた絆を育て、多様な個性を持つ仲間との相互理解を育む活動を推進する。

 

5 国の目指す教育改革の先駆者として

 本会は、国の目指す教育改革の先駆者として、子どもたちの新しい学びの推進を図るため土曜日の有効活用ならびに組織外の人材や資源を発掘し、各学校の自主性や自律性を向上させる応援団としての役割を果たすとともに、今子どもたちを取り囲むスマホやラインなどIT環境の問題から子どもたちを守る活動を今後も継続して行く。また、子どもたちにおよぶ貧困の連鎖を教育を通じて断ち切るという課題を社会全体で捉え変えていくための支援体制を拡充する。